So-net無料ブログ作成

<スペースシャトル>「アトランティス」帰還(毎日新聞)

 米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「アトランティス」(ケネス・ハム船長ら6人搭乗)は26日午後9時48分(米東部時間同日午前8時48分)、フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還した。アトランティスは15日、野口聡一宇宙飛行士(45)らが滞在中の国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられた。シャトル退役後、ロシアのソユーズ宇宙船やプログレス無人補給機のドッキングポートとして使われる小型研究モジュールなどを運んだ。計画では、シャトルの打ち上げは残り2回。9月に「ディスカバリー」、11月に「エンデバー」が宇宙へ行く。

【関連ニュース】
スペースシャトル:行方不明の植物の種子 依然発見できず
宇宙の種:地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼
スペースシャトル:アトランティス打ち上げ成功 最終飛行
山崎宇宙飛行士:無事帰還「重力の強さ感じる」
山崎宇宙飛行士:地球に帰還 15日間の任務終え

脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」−民主議連・石森幹事長(医療介護CBニュース)
<H2A>打ち上げ準備の最終段階 21日早朝打ち上げへ(毎日新聞)
ふるさと納税、申し込み相次ぐ=2週間で2200万円―宮崎県(時事通信)
<野ヤギ>被害に即応、無許可で駆除可能に 鹿児島・奄美大島を構造改革特区へ(毎日新聞)
<山崎飛行士>鳩山首相を表敬訪問(毎日新聞)

鳩山首相、23日沖縄再訪で調整=普天間、政府案説明へ(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、県内移設など政府案を説明するため23日に同県を再訪問する方向で調整に入った。政府関係者が10日、明らかにした。首相は、仲井真弘多知事や稲嶺進名護市長と改めて会談し、キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)へのくい打ち桟橋方式による代替施設建設と、鹿児島県・徳之島への基地機能の一部移転を組み合わせた政府案を提示する意向だ。
 沖縄側は政府の県内移設方針に反発しているが、首相は10日夜、記者団に「誠心誠意、正面からの対応を通じて理解を求めたい」と述べ、あくまで働き掛けを続ける考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

水上バイクで2人死亡=1人不明、利根川で−茨城(時事通信)
不要欄付き子ども手当て申請書、仙台市作り直し(読売新聞)
両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)
<巻機山>県警ヘリが5人発見、安否確認へ…新潟・群馬県境(毎日新聞)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。